解決事例

TOP > 解決事例 > 

解決事例

夫からの離婚請求に対し、相当額の解決金を得て離婚した事例

ご相談内容

ご依頼者は、結婚してまだ間もない女性でした。夫と相談して住宅購入についての話を進めていたところ、夫の両親が住宅購入に強く反対していました。ご依頼者は、両親に反対されても、夫と二人で説得しようと考えていましたが、夫は、突然、離婚したいと言って弁護士を依頼し、離婚調停を申し立てたとのことでした。ご依頼者は、夫からの突然の対応に深く傷つき、今後に不安を抱いた状態でご相談にいらっしゃいました。

当事務所での対応

ご依頼者から依頼を受け、すぐに婚姻費用請求の調停を申し立てて、夫の申し立てた離婚調停と同期日に婚姻費用について協議するようにしました。
夫からの離婚請求については、あまりに一方的で、離婚理由はないと考えられましたが、ご依頼者は、今後、夫と復縁し、幸せな家庭を築くことが可能なのかどうか、大変悩んでいました。そのため当事務所では、結論を急がず、ご依頼者からの質問や不安に丁寧に答えることを心がけました。
第1回目の調停では、当面の婚姻費用を取り決めるのみとしました。その後、ご依頼者は、離婚もやむをえないとの結論に至り、第2回目の調停では、慰謝料、財産分与の意味を含めた解決金について協議しました。

結果

第2回目の調停で、夫がご依頼者に約150万円の解決金を支払うことで合意し、離婚が成立しました。
ご依頼者としても、悩んだ上での結論でしたが、離婚が成立したことで、前向きな気持ちを持つことができるようになっていただけたと思います。ご依頼者からは、当事務所に対し、話しやすく、質問や要望に対し、迅速に対応してもらえてよかった、と言っていただきました。

ページトップへ