解決事例

TOP > 解決事例 > 

解決事例

DV,モラルハラスメントにより離婚訴訟を提起し、和解離婚した事例

ご相談内容

長年にわたり、夫からのDVとモラルハラスメントに苦しんできた女性からのご相談でした。ご依頼者は、今まで夫から暴力を受けたり、怒鳴られたり、無視されたりするのは、ご依頼者が悪いからだと思わされてきていました。ご依頼者は、やっとDV,モラルハラスメントを受けてきたことに気付き、離婚を決意したものの、直接夫に離婚の話をすると、暴力・暴言を受ける恐れがあるとのことでした。

当事務所での対応

ご依頼を受けて、すぐに離婚調停の準備をし、ご依頼者が夫と別居後、直ちに調停申立を申し立てました。調停の当初、夫は、DV,モラルハラスメントはしておらず、離婚はしない、との主張を続けていました。調停期日を重ねるうち、夫も、条件によっては、離婚もやむをえないとの考えとなりましたが、財産分与の額で折り合わず、離婚訴訟となりました。離婚訴訟では、夫のDV,モラルハラスメントについて状況を丁寧に主張するとともに、財産分与について詳細な主張を行いました。

結果

双方の主張をもとに、裁判所が和解案を提示しました。その和解案は、財産分与額に加え、ご依頼者のDV,モラルハラスメントの主張を容れて、慰謝料額も考慮したものとなっていました。裁判所の和解案をもとに、和解協議の結果、和解離婚が成立しました。解決後、ご依頼者からは、「モラハラ、DVに理解のある弁護士さんでよかった。」と言っていただきました。
当初、ご相談にいらしゃったときから、調停、裁判中を通じ、ご依頼者は不安な思いの中で生活を送られていました。しかし、解決後、ご依頼者の表情は一気に明るくなり、それを見て私も本当によかったと思いました。現在、ご依頼者は、自立して、生き生きと生活されています。

ページトップへ