「離婚や男女関係に関する相談を通して、あなたがより良い生き方を見つけるためのお手伝いをいたします。」
田中史子 プロフィール

離婚や男女関係に関する事件においては、感情的な問題が大きく、金銭的解決のみでは割り切れない部分が多くあります。また、紛争の渦中にあり、動揺・混乱している状況のご依頼者にとっては、何が問題となっていて、何を解決すればよいのか、自分は今後どうしたいのか、ということをすぐには説明できず、自分自身でもわからなくなっている場合もあります

当事務所では、ご依頼者のお話をじっくりとお聞きして、紛争の問題点やご依頼者の要望を理解し、「真の解決」とは何かをご依頼者と一緒に考えた上で、相手方との交渉や、調停・訴訟にあたることを心がけております。
また、ご夫婦に未成年のお子様がいらっしゃる場合には、お子様の健全な成長を第一に考えて助言をし、方針を検討いたします。

大阪弁護士会所属 田中史子法律事務所 弁護士
田中 史子

女性弁護士として、こんなお力になれます。

女性の方へ…

男性には話しにくい内容も、
安心してご相談ください。

夫婦間の問題は簡単には他人には伝えにくい、微妙な内容のものがあります。また、離婚についてのご相談においては、夫の暴力や借金、浮気など、弁護士に対してもなかなか口にしにくい問題が多くあると思います。

このような問題については、お話ししやすい雰囲気の中で、じっくりとお話をお聞きすることが必要と考えています。夫婦関係を修復する可能性はないのか、また離婚がやむを得ない場合にはどのような進め方をしていくのがよいのか、いっしょに考えていきましょう。

男性の方へ…

女性との交渉だからこそ、
女性の立場に立った視点が必要です。

男性から、「妻の気持ちがわからない。」というご相談を受けることがよくあります。夫婦間の交渉では、お互いに相手の立場に立って考えてみることが必要であり、それが夫婦関係の修復や、もしくは離婚にあたって感情的なしこりを少なくすることにつながります。特に、お子さんがいらっしゃるご夫婦の場合であれば、夫婦関係の解消後にもお子さんの親としての関係は続くことになりますので、弁護士に相談する中で、相手の立場に立った視点を持つことは、非常に重要になると思います。

離婚についてよくあるご相談

離婚原因(不貞行為、暴力等)について

暴力や不貞行為などの明確な理由がなければ、裁判では離婚が認められないのでしょうか。

夫(妻)の不貞行為が発覚しました。不貞相手に慰謝料請求はできますか。

他の質問も見る

財産分与・慰謝料について

離婚後の生活が不安なのですが、どのような財産が財産分与の対象になりますか。

夫(妻)が離婚したいと言って家を出ていき、生活費を入れてくれません。
離婚の財産分与の際に、これまでの生活費を支払ってもらうことはできますか。

他の質問も見る

子どもをめぐる問題(親権・面会交流・養育費等)について

子どもは自分が育てたいのですが、離婚の際、親権者はどうやって決まるのですか?

離婚後の子どもの養育費を支払ってもらえない場合、どうすればよいですか。

他の質問も見る

婚約・男女関係

婚約指輪をもらっているなどの場合でないと婚約破棄で慰謝料請求はできませんか。

婚約破棄をした相手に対し慰謝料を払ってほしいと言いましたが、相手は慰謝料を支払う義務はない、と言っています。この場合、裁判をするしかないでしょうか。

他の質問も見る